コールセンターの探し方

コールセンターの求人情報別にその特徴を徹底解説!この記載って、そういう意味だったの!?

更新日:

もしあなたが現在、コールセンターで働くために求人情報を探していくつもりなら、いくつか知っておかなければ損をしてしまうことがあります

例えばコールセンターでは、アルバイト、派遣社員、契約社員と3つの雇用形態が選択肢としてありますが、それぞれの特徴を把握していますか?

 

自分にあった求人を見つけるために必要なのは、まずはコールセンター求人ごとに現われる特徴を理解しなければなりません。

今回は、7つのタイプに分けて、コールセンターの形態についてご紹介していきます。

コールセンター企業と言うのは、非常に数多くあるため、正しい探し方さえ掴めば、必ずあなたにぴったりの就業先が見つかります。

 

Sponsored Link

求人情報によくある「4時間以内でも就業可能」という文言の実態とは!?

Free-Photos / Pixabay

4時間以内の短時間勤務が可能なコールセンターは存在します

ただし、どのコールセンターでもOKとしてくれているわけではありません。

 

短時間勤務が可能なコールセンターの多くは、発信系のデスクです。

電話を架ける方の仕事ですね。

受信系のデスクでもなくはないですが、数はそう多くありません。

 

どうしても発信系の仕事となると、営業電話のような気がして腰が引けてしまう人もいますが、かといって短時間勤務をするつもりで受信系のコールセンターに入ると、むしろそっちの方が辛かったということになる場合があります。

というのも、受信系の仕事というのは、商品知識が全てであるため、勤務時間が短いとどうしても覚えられるまで期間を要してしまいます。

結果として不本意なクレームを多く出してしまい、心が折れてしまいかねません。

おすすめは圧倒的に「発信系」デスクです。

≫関連記事:コールセンターの「4時間以内でも就業可能」というのは本当なのか?

 

「土日祝が休み」のコールセンターには、こんな理由があった!

Free-Photos / Pixabay

土日祝が休みのコールセンターというのは、本業が「土日祝が休み」のためです。

インフラ系の企業や銀行の電話窓口などが中心ということですね。

 

主婦の方には最適の「土日祝が休み」のコールセンターですが、あえてデメリットを上げるなら、携帯電話や化粧品、スマホゲームアプリなどの親しみやすい商材が少ないことでしょう。

普段あまり関わりのない、商品やサービスを取り扱うことになるため、それを仕事と割り切れるかどうかが、長続きするかどうかのポイントです。

 

また「土日祝が休み」のコールセンターは、小規模デスクの場合が多いのも特徴の一つです。

つまり少人数であるため、突発的な欠勤は難しいものの、社内では同僚と仲良くなりやすいです。

≫関連記事:土日祝が休みのコールセンターって、こんなところ!ピンポイント解説

 

Sponsored Link

「契約社員」の求人を選ぶメリットはあるのか?

Pexels / Pixabay

そのコールセンターで5年以上働きたいというつもりなら、「契約社員」を選ぶべきです。

というのは、「契約社員」のメリットとは、5年以上の継続勤務で、無期雇用の権利が手に入るからです。

無期雇用に切り替えになれば、基本的には終身雇用になり、企業によっては地域限定社員扱いとして夏・冬のボーナスを出す場合もあります。

 

また受信系のコールセンターなら、「契約社員」のみ勤務実績によって大幅な時給反映があるため、頑張ればその分だけ給料が増えていくというのもポイントです。

ただし、企業探しや面接の準備等は全て自分でしなければならないため、そこが面倒なら派遣社員という選択肢も有りです。

≫関連記事:コールセンターの契約社員になる前に、絶対知っておくべきこと3選!

 

「スーパーバイザーの求人」は、オペレーター経験のみでも採用されるものなのか?

AllClear55 / Pixabay

スーパーバイザーの求人で、業界でのSV経験は必ずしも必要ではありません。

しかし、オペレーター経験のみで採用されるかと言えば、数は少なく給与も低い求人が中心ですが、探せば採用してくれる企業もあります。

必要とされる経験というのは、下記のようなものです。

その①:コールセンターでの勤務経験か、取り扱う商材の業界での勤務経験
その②: 店長業務やマネジメント業務経験
その③:コールセンターSV経験

 

つまりこれらのうち、いずれかを満たせば、採用される可能性はあるということです。

この基準条件は、派遣社員、契約社員、正社員、どの雇用形態でも同じです。

≫関連記事:【徹底解説】コールセンターSV派遣の就業実態とその待遇!

 

コールセンターのバイトは「高校生」でもできるのか?

Pexels / Pixabay

高校生でもコールセンターのアルバイトはあります。

選ぶべきは、当然ですが「土日のみの出勤OK」の職場です。

多くの場合、テレアポと呼ばれるアポイント取り専門の発信系コールセンターです。

業務内容は、用意された台本を読んで、質問が来たら資料に従って答えるだけというような仕事が中心です。

 

きつい荷物運びや、制服を着せられたりもせず、オフィスで勤務できるうえに、他業種に比べると圧倒的に時給も高いため、高校生のコールセンターバイトは実は非常におすすめです。

あまり一般的でないのは、ただ学生からの知名度が低いからというだけです。

日常生活のなかでマクドナルドの店員を目にすることはあっても、コールセンターのオペレーターを目にすることがないから、そもそもその存在を知らないというわけです。

≫関連記事:高校生でもコールセンターでバイトすることは可能なのか?本音で解説

 

コールセンターで「アルバイト勤務」するなら、選び方を間違えては損をする!?

RyanMcGuire / Pixabay

コールセンターでアルバイトするなら、正しい選び方を知っておかないと、結局後から辛い思いをすることになってしまいます。

では、正しいアルバイト先とはどういったコールセンターなのか?

 

特に副業で探している人や、大学生、主婦が選ぶなら「発信系」のコールセンターを選ばなくてはなりません

というのも、受信系のコールセンターだと、商品知識がかなり膨大に必要とされるため、それを覚えられないことにはほとんど仕事にならないからです。

また受信系のコールセンターの場合、入社時に数週間の座学研修があるため、ほとんどの場合フルタイムで入れないなら面接にさえ受からないということになってしまいます。

 

ただし、勤務時間についてはフルタイムで入るので問題ないという場合は、より条件の良い契約社員か派遣社員での就業を選ぶのが良いでしょう。

≫関連記事:コールセンターのアルバイトを始めるときの疑問まとめ【必ず解決!】

 

未経験がフルタイムで働くなら、「派遣社員」が最もコスパの良い理由!

DzeeShah / Pixabay

コールセンターの良し悪しって、どこを見るか知っていますか?

もちろんたいていの人はわかりません。

求人情報を見ようにも、そこがあなたを採用しくれる見込みがあるかどうかさえわからないでしょう。

 

そういった場合は、まず派遣会社に登録して担当エージェントと相談しながら、求人を探していくという方法はかなりおすすめです。

というのも、派遣の担当者が、その応募したい企業に履歴書送付から、面接スケジュールのセッティングまで肩代わりしてくれるうえ、面接先の企業が求めている人物像や裏情報まで流してくれる場合まであるからです。

 

これらを一から全て自分でやろうとすると大変です。

もし未経験でスタートするなら、派遣会社に細かいところは丸投げしてしまうのも有りです。

 

まとめ)コールセンターの求人選びは、コツさえ掴めば簡単!

mohamed_hassan / Pixabay

コールセンターの求人は多種多様です。

というのも、現在ではほとんどの企業がコールセンター窓口を設けているため、非常にその求人数が多いからです。

しかしあなたが自分がどういう条件を希望しているのかさえ、はっきりさせておけば、その条件に合致したキーワードをもとに情報を絞っていけば、必ず最適の職場ばは見つかります

アパートの部屋探しと同じで、大手サイトで検索するが何が何だかわからなくなりますが、条件ごとの大まかな特徴さえ把握すると、意外とそんなに多くの種類がないことがわかります。

すぐに仕事を探したいのなら、ひとまずは最大手でオフィス系求人を数多く抱えている「テンプスタッフ」に登録しておけば間違い無いです。
、登録して候補の絞り込みだけでもしておいて損はないでしょう。少なくとも、心の安定と未来への展望は生まれます。

-コールセンターの探し方

Copyright© コールセンターライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.