コールセンターの探し方

コールセンターは友達ができやすいという噂は本当?【実態を解説】

更新日:

Free-Photos / Pixabay

コールセンターは友達ができやすいという噂を聞いたことはありますか?

それは本当です。

コールセンターは他業種に比べ、交友関係が広がりやすいです。

 

ノリの良さ重視の居酒屋や、アットホームな雰囲気のファミレスバイトなどにありがちな、人間関係を起因とするストレスなどはもちろん一切ありません。

というのも、いくら友達が多くできるといっても、コールセンターの場合仕事中はみんな完全に一人だからです。

誰か別の人間の立ち居振る舞いが、あなたの業務パフォーマンスに影響を与える恐れはありません。

したがって、仲良くなったから仕事がやりにくくなったりする心配も要らないわけです。

 

なぜそんな天国のような職場が存在し得るのか?

その理由は、コールセンターの就業人数の多さにあります。

単純な話で、他の職場の十倍以上の規模を持っているため、出会いの数も他業種に比べて十倍以上あるのということです。

今回はその実際の状況を3分で詳しくご紹介していきます。
Sponsored Link

コールセンターが他業種に比べ、友達ができやすい理由

StockSnap / Pixabay

コールセンターの就業人数は、一般的に数十人から数百人の規模です。

つまり、居酒屋などの飲食店の十倍以上の人間が同時に働いているということになります。

 

同じ仕事をする人間が、周りに数十人、数百人といれば、特別な努力などせずとも自然と気の合う友達の一人や二人は誰でもできます。

小学生時代を思い出してみて下さい。

コールセンターにいれば、友達なんて、隣に座った時何らかの愚痴で意気投合した時にどんどんできます。

 

実際にコールセンターで働いてみれば、友達ができやすい状況というのは、少数で盛り上がような体験をするより、実は多数の人間がいる場所だということがわかります。

結局友達として認め合えるのは、やはりあなたと気の合う人間だけです。

 

コールセンターで友達ができるのはこんな時

Cozendo / Pixabay

コールセンターには、多数の人間が存在しているため、話がしやすい機会というのが要所ごとにあります。

その中でも友達関係を築くきっかけになりやすいシチュエーションを2選でご紹介します。

 

研修中に仲良くなった同期入社生

不謹慎な言い方かもしれませんが、コールセンターの研修というのは、ある程度まで企業側が積極的に和気あいあいとした雰囲気作りをしています。

より端的に言うと、「学生ノリ」です。

実際、きっちりとした講義形式を取り入れるより、リラックスした雰囲気で知識吸収した方が、退職率も下がるため、現実的な効果もあります。

 

そしてこの機会が、入社初期に最も友達ができやすいポイントです。

研修中に隣や前後の席の人間とちょっとした雑談をしたり、わからない点を確認し合ったりしているうちに、自然と仲良くなるからです。

また企業側もこの時点で仲の良い人間を見つけてほしがるので、コールセンターによってはレクリエーションの時間まで設けてくれます。

 

コールセンターの休憩室で交わされるコミュニケーション

休憩室で話しているうちに気が付いたら仲良くなるというのは、定番中の定番です。

ちなみにコールセンターの休憩室というのは、就業人数が多いだけあって、広くてアメニティが充実しています。

ソファ、マッサージチェア、仮眠用長椅子などの他、ジュース飲み放題やオフィスファミマが設置されていることまであります。

ちなみに、コールセンターで出会いを望んでいる人のうち、20代、30代のマッチングアプリ利用率は遂に半数を超えているというデータもあります。
ひと昔前の所謂「出会い系」とは異なり、個人情報の登録無しでスマホアプリのみで完結するようにもなりました。
もしまだ、以下の最大手3件をフォローしていないのであれば、インストールしていつでも利用可能な状態にしておくことを強くオススメしておきます。

-コールセンターの探し方

Copyright© コールセンターライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.