コールセンターの探し方

コールセンターバイトはコミュ障でもできるのか?⇒普通にできます!

更新日:

d97jro / Pixabay

「コールセンターは楽で、高時給だと聞いたものの、自分は人見知り(コミュ障)だから……」と諦めていませんか?

しかし実際には、人見知りだから、コミュ障だからというのはコールセンターの仕事に全く影響はありません。

コールセンターバイトには意外と、人と話すのがあまり得意ではない人が定着していたりもします。

 

なぜなら、あなたがバイト先で最もコミュ障を発揮するのは、バイト仲間先の人間と話すときであって、お客様と話すときではないからです。

たとえコミュ障だとしても、マニュアルがあれば話せますよね?

マニュアルを読み上げることは、現実にはコミュニケーションではなく、演技だからです。

 

逆に倉庫の軽作業バイトの方が、黙々と作業するものの同僚と雑談する機会が多いので、心が折れやすいものです。

コールセンターなら、各自が個別のブースで自分のお客様対応に集中できるため、気まずい思いもしなければ、寂しい気持ちを抱えることもありません。

むしろコミュ障向けの仕事と言っても過言ではないです。

 

Sponsored Link

コールセンターバイトはコミュ障でもできるのか?⇒普通にできます

Bru-nO / Pixabay

コールセンターバイトは実はコミュ障でも普通にできます。

というより、仕事中に話している姿だけを見比べたら、誰がコミュ障かさえあまり見分けがつかなかったりします。

コミュ障でない人だって、良く知らないことを聞かれたらキョドることはありますし、コミュ障だってマニュアル通りに演技して話すだけならできるからです。

 

さらに各自がブースで区切られた中で話すことになるので、対応モードのときの話し方を聞かれる心配も要りません。

要は恥ずかしくないということですね。

 

驚くほどマニュアル化されているコールセンターバイト

Free-Photos / Pixabay

コールセンターの仕事というのは、驚くほどマニュアル化されているため、あなたが最初からアドリブ出しまくりで対応することはありません。

もちろん慣れてきてそうしたいなら別ですが、基本的にはあらかじめ作られたマニュアル通りに話していくだけの仕事です。

そしてもちろん、数時間働けば、他業種に比べて圧倒的に高額の時給が発生します。

 

多くの場合、コミュ障というのは、同僚とアドリブで話すときに、出てしまいます。

というのも、厳密に考えるとコミュ障は話し下手ではなく、付き合い下手のことを指すからです。

つまり普通のバイトだと、お客様とマニュアルで話すことはできても、職場の友達と雑談ができないという状況が発生し、辛い思いをするわけです。

 

しかしコールセンターなら、仕事中はブースの中で自分のパソコンと向き合いお客様と対応をし、休憩中は個別の休憩室で一人スマホをいじることができます。

コールセンターは就業人数が非常に多いため、休憩室も広く、強制的に誰かと会話をしなければならない状況にもならないので安心です。

 

Sponsored Link

コールセンターバイトの選び方

geralt / Pixabay

どのタイプのコールセンターを選ぶかは、あなたの入りたいシフトによります。

⇒あなたが学生や主婦で短時間勤務を希望なら、発信系デスクのバイト

⇒あなたがフリーターでフルタイムのシフトに入なら、受信系デスクの派遣社員

 

あなたが学生や主婦で短時間勤務を希望なら、発信系デスクのバイト

短時間勤務で、自由なシフトで働けるのは発信系バイトの求人が圧倒的に見つけやすいです。

また初期段階での研修も非常に短時間であることから、入社初期から自分のペースで働くことができるので、プライベートを優先しながら仕事をしたい人に合っています。

 

ただ発信系はガツガツ営業しなければいけなさそうだから不安、と考える人が一部いますが、実際には受信系と同様にマニュアルを読むだけなのでそう変わりません。

というより、発信系の方がマニュアル度は高いので、むしろコミュ障向けと言っていいでしょう。

 

ちなみにもう一つ言えば、受信系デスクは入社初期に数週間の研修受講が必須になるため、時間の取れない学生や主婦は、その時点で採用される可能性が限りなく低くなります。

受かっても研修が全て受講できず、現場で辛い思いをしなければなりません。

 

あなたがフリーターでフルタイムのシフトに入なら、受信系デスクの派遣社員

短時間勤務をするつもりならアルバイトで構いませんが、もしフルタイムのシフトに入る予定なら必ず派遣社員を選んでください。

というのも、同じような業務をやっていても、派遣社員の方が待遇面でずっと優遇されるからです(派遣の方が時給も高い!)。

短時間勤務OKのコールセンターバイトに入ってフルタイムで働くのは、もはや搾取されに行っているようなものと言っても過言ではありません。

 

また、コールセンターのタイプは受信系デスクを選ぶのがおすすめです。

理由は単純で、「その方が楽だから」です。

毎日ひたすら電話を架け続けるのも数時間のバイトならいいですが、朝から晩までとなるとさすがに辛いです。

また受信系デスクなら、電話が架かってこない間はそのまま待機です。

適当にコーヒーでのも飲みながら、パソコンの前に座っているだけで時給も発生します。

ちなみに、すぐに仕事を探したいのなら、ひとまずは最大手でオフィス系求人を数多く抱えている「テンプスタッフ」に登録しておけば間違い無いです。
、登録して候補の絞り込みだけでもしておいて損はないでしょう。少なくとも、心の安定と未来への展望は生まれます。

≫関連記事:コールセンターバイトは選び方が9割!【得する働き方を教えます!】

 

コールセンターの仕事についてもっと知るには?

コールセンターの求人情報別にその特徴を徹底解説!この記載って、そういう意味だったの!?

コールセンターのアルバイトを始めるときの疑問まとめ【必ず解決!】

-コールセンターの探し方

Copyright© コールセンターライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.