コールセンターの探し方

中卒でもコールセンターで働けるのか?【あなたの収入が上がる方法】

更新日:

WikiImages / Pixabay

実務未経験、学歴不問で、さらに高収入の仕事というのは世の中で非常に限られています。

コールセンターはその一つですが、それでもさすがに中卒で採用される可能性があるのかどうかというのは、気になるところですよね?

 

たとえ採用されても、現場で長く働くことはできるのか?

そもそも業務が難し過ぎてついていくことができないのでは?

勉強が苦手……、パソコンも不慣れ……。

こういった疑問や不安もあると思います。

 

しかし結論から言うと、中卒でもコールセンターで働けます

世の中には、学歴不問とは言っても、最低限高校は卒業していないと見えないフィルターがかかる……というところもたしかにありますが、少なくともコールセンターは違います。

実際に中卒で働いている人もいます。

スキル面についても、学歴や性格も関係ありません。

 

ごく簡単に言うと、コールセンターの仕事というのは、知名度が低いために時給が吊り上がっているのであって、決して業務難易度が他業種に比べて難しいわけではないです。

多くの世の中の仕組みと同じように、ただコールセンターという仕事を知っている人が働いて得するというだけです。

 

ただしもしあなたがフリーターなら、アルバイトではなく派遣社員のコールセンター求人を探すべきというのが唯一の注意点です。

今回は、これらを3分で詳しくご紹介していきます。
Sponsored Link

中卒でもコールセンターで働けるのか?

jarmoluk / Pixabay

中卒でもコールセンターで働くことはできます。

というのも、コールセンターの仕事自体は、別に難しいものではなく特別な資格やスキルを必要とするものではありません

さらに今回おすすめする受信系デスクなら、数週間の研修期間もあるため、商品知識なども現場に入る前に覚える機会があります。

完全未経験で、まったく事前知識がない状態で働けます。

しかも、時給は地域の最低時給から計算して1,5倍以上の求人が山ほどあります。

受信デスクの仕事内容

  • かかってきた電話を取って、お客様からの質問に答える
  • 受け答えの内容を履歴として、パソコンに入力する

 

なぜコールセンターの時給は高いのか?

stevepb / Pixabay

ではなぜそんなに簡単で、高時給の求人が存在して、しかも中卒でも採用されるのか?

答えは、あまりその存在を知られていないからです。

少なくともコールセンター企業が必要としているほど、実際には人が集まっていないというのが現状です。

 

マメ知識

労働者の売り手市場と言われる現代ですが、コールセンターの場合さらにその傾向が強いです。

というのも、コールセンターにお金が入る仕組みというのは、実績の上がり下がり以上に、オペレーターの頭数を用意できるかどうかにかかっているからです。

そのため、オペレーターを増やすために、他業種以上にたくさんのお金が投入されています。

≫関連記事:【徹底詳細保証!】コールセンターの時給に関する解説まとめ!

≫関連記事:コールセンターは本当に稼げる仕事なのか?5つの理由から徹底解説!

 

Sponsored Link

おすすめは派遣求人の、大規模受信デスク!

rawpixel / Pixabay

フリーターがコールセンターで働くなら、アルバイトではなく、派遣社員の求人を探します

実は派遣社員もアルバイトもどちらも採用難易度は変わりません

しかし待遇面は、圧倒的に派遣社員の方が良いです。

 

そして狙うのは、規模の大きな受信デスクです。

電話を架けるのではなく、受ける側ですね。

理由は、仕事内容が圧倒的に楽で、時給が高い求人が多いからです。

 

以下がそれぞれの詳細です。

なぜ、フリーターはコールセンターのアルバイトを選んではいけないのか?

なぜ、フリーターはコールセンターのアルバイトを選んではいけないのか?

というのも、コールセンターのアルバイト求人と言うのは、ほとんど短時間勤務の学生や主婦を探しているのがほとんどだからです。

面接に受からないということはないですが、派遣社員とアルバイトでは条件が全然違います。

特に優良企業ほどその傾向を強く持っています。

つまりフリーターが欲しい企業というのは、派遣社員を募集していると考えて下さい。

 

もちろん少数の例外はありますが、基本的にアルバイト募集をしているコールセンターでフルタイムのシフトに入ると、搾取されます

同じレベルの業務でさらに好待遇の派遣求人が必ず見つかります。

 

不安なポイントとしては、「そうは言っても面接に受かるのか?」でしょうか。

答えは、「問題なく受かるので、すぐに派遣登録すべき」です。

先に説明した通り、コールセンター側としてもフリーターが欲しいなら、派遣社員を募集しています。

需要と供給はしっかりとマッチしているので、心配する必要はありません。

 

フリーターは規模の大きな受信デスクを狙うべき!

フリーターは受信デスクを狙うべきです。

一つ目の理由は、何といっても発信系より受信系の業務の方が楽だからです。

朝から夜まで営業電話を架けまくる毎日と、架かってきた電話を取って質問の一つや二つに答える毎日の両方を想像してみて下さい。

明らかに後者の方が、気持ちが楽ではないでしょうか?

当然、電話が架かってこない間は、待機です。

コーヒーを飲みながら待ってもいいし、隣のオペレーターと雑談していることもできます。

現実問題として、コールセンター経験者からは、受信系の方が人気です。

 

続いて規模についてですが、これは大きいところの方が採用率が高いという単純な理由からです。

中には事実上面接無しで勤務開始できるという企業もあります。

ちなみに面接無しで就業できるのは、派遣社員だからこその強みでもあります。

そして、すぐに仕事を探したいのなら、ひとまずは最大手でオフィス系求人を数多く抱えている「テンプスタッフ」に登録しておけば間違い無いです。
、登録して候補の絞り込みだけでもしておいて損はないでしょう。少なくとも、心の安定と未来への展望は生まれます。

-コールセンターの探し方

Copyright© コールセンターライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.