コールセンターの探し方

【徹底詳細保証!】コールセンターの時給に関する解説まとめ!

更新日:

Brett_Hondow / Pixabay

仕事探しをする上で、最も重要な条件は「時給」です。

あなたは自分の時間を使って労働をし、その対価として給料を受け取るわけです。

それならば、初めからなるべく高い給料を貰える就業先を選びたいというのは、当然の考えです。

 

しかしながら、実際のコールセンターの時給相場や、平均時給がそもそもわからなかったり、そもそも自分がどのレベルの時給の企業までなら、採用されるのかがわからないという状態ではないでしょうか?

というのも、時給に関しては企業ごとに大きく異なるため、一概に説明するのは難しいため、なかなか分かりやすい情報というのはありません。

 

ただし、およその相場感というのは存在します。

今回はその時給相場と、あなたのレベルに応じてどのコールセンターに入れるのかを、理由とともにご紹介していきます。

ご紹介する時給については、東京や大阪都心部のものになるため、地方都市の場合細かな数値は若干異なります。
ちなみに東京都の最低時給が985円なので、それを基準にして考えてもらえればと思います。
1500円なら1,5倍、2000円なら2倍というように、それぞれ地域の最低時給から算出してみて下さい。


この記事でわかること!

  1. コールセンターは、特殊な収益構造を持っているため、人材の資質に関わらず高時給が保証されている
  2. 時給1500円(地域の最低値から1,5倍)の求人は、ぶっちゃけ誰でも受かる
  3. 時給1800円(地域の最低値から1,8倍)までの求人なら、コールセンター未経験でも採用される
  4. 時給2000円(地域の最低値から2倍)の求人は、リーダー以上の経験があればOK
Sponsored Link

コールセンターはなぜ稼げる仕事なのか?仕組みを解説

rawpixel / Pixabay

コールセンターの時給というのは、首都圏はもちろんのこと、どの地方都市を見ても平均時給よりかなり高単価で設定されています。

言わば、必ず高時給の仕事です。

 

コールセンターの収益の仕組みというのは、簡単に言うと、オペレーターさえ集めることができれば実績に関わらず必ずクライアントから一定金額が入るようになっています。

さらに言えば、その集めなければいけない人数というのも、飲食店のように5人や6人というレベルではなく、数十人から数百人という規模です。

そのため、高いスキルや能力よりも、とにかくオペレーターの頭数を揃えることが課題であるために、他業種と比較するととんでもない高時給を提示することで求人情報を目立たせる必要があるわけです。

 

メモ

ちなみにその理屈から言うと、夜勤のコールセンターというのは、常に一定の人数を必要とするにも関わらず不人気求人なため、完全未経験でも超高額時給で採用される場合が多々あります。

≫関連記事:コールセンターは本当に稼げる仕事なのか?5つの理由から徹底解説!

 

探し方さえ間違わなければ、時給1500円(地域の最低値から1,5倍)の仕事は誰にでもできる?

StockSnap / Pixabay

未経験でコールセンター求人を探すといっても、様々な雇用形態があります。

契約社員、アルバイト、派遣社員……。

どれを選ぶべきかは、未経験だとなかなかどれを選べばいいのかは分かりにくいでしょう。

 

結論から言えば、最も楽をして高額時給の仕事を探すなら「派遣社員」一択です。

複数の派遣会社に登録をして、同時並行で高額時給で大量採用中のコールセンターを探してもらえば、驚くほどすぐに就業を開始できます。

もちろん、学歴年齢不問で、未経験でも受かるという意味です。

 

そういった性質を持っているコールセンターというのは、受信系の大規模デスクが多い傾向にあります。

さらにフルタイムで就業するなら、一般的に発信系よりも苦労が少ないため、業務負荷が低い分、長続きしやすい職場とも言えます。

 

ポイント

とにかくコールセンターで働くことを考えているなら、このレベル(地域の最低値から1,5倍)が努力を必要とせず、採用される上限と認識してください。

逆に言えば、これより低い時給で働くなら、よっぽど事情がない限りは働く分だけ損をしていると考えた方が良いでしょう。

≫関連記事:【超簡単!】時給1500円以上のコールセンターに入る方法!

 

Sponsored Link

未経験で時給1800円(地域の最低値から1,8倍)を狙う!

StockSnap / Pixabay

大都市圏なら、未経験でも1800円のコールセンター求人で採用されることが可能です。

厳密に言うと、世の中には時給1800円なのに「未経験歓迎」で募集しているコールセンター求人が存在しています

 

ただし、そういった求人というのは「未経験歓迎」の中では最高額の求人なので、残念ながら面接もそこそこに誰でも受かるというわけではありません。

面接の際に上手く意欲を伝えられるかや、志望動機に筋が通っていて、かつ今までの職務経験が業務に活かしていけるかといった点も重要になります。

 

とはいえ、コールセンター求人に限らず、未経験、年齢学歴不問の求人の中という括りで探しても、このあたりが時給としては最高額になるため、少し面接準備を頑張って狙ってみるのは大いにおすすめであることには変わりありません。

 

メモ

ちなみに、このタイプの求人で多いのは、発信系の小規模デスクです。

商品やサービスの購入提案をする窓口ですね。

≫関連記事:コールセンター未経験でも時給1800円以上で働くことはできるか?

 

時給2000円以上(地域の最低値から2倍)のコールセンター求人では、何が求められているのか?

geralt / Pixabay

時給2000円以上のコールセンター求人というのは、オペレーター募集ではなく、管理者を募集しています。

そのため、いわゆる「リーダー」経験がさえあれば、あなたも時給2000円以上のコールセンター求人で採用されるのです。

 

一般的にリーダー以上のポジションというのは、内部登用で補填することが業界の慣例であるため、デスク新規立ち上げ時のリーダー要員であることが多いです。

そのため、高額時給の求人とは言っても、意外と採用率は高かったりします。

新規デスクのため、厳密な採用人数が決まっていない場合もあるからです。

≫関連記事:時給2000円のコールセンターで働くために必要なたった1つの経験

 

まとめ)スキル無し、学歴無しならコールセンター就業は超おすすめ!

nastya_gepp / Pixabay

世の中に、スキル無し、年齢学歴不問、未経験歓迎で、これだけの時給を提示してくれる業種は存在しません。

あなたの将来設計がどういったものだったとしても、とりあえず今コールセンターで貰える以下の時給で働いているなら、それだけで転職する理由は十分と言えます。

もちろん特殊な経験を積まなければいけない専門職なら別ですが、資格の勉強をしていきたいとか、なんとなくで飲食店で働いているならすぐにコールセンターに行った方が良いでしょう。

最後のまとめ!

  • 未経験だけど、しんどい思いもしたくない!⇒時給1500円
  • 未経験でも、頑張って発信業務を始めたい!⇒時給1800円
  • リーダー経験有り!⇒時給2000円

-コールセンターの探し方

Copyright© コールセンターライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.