コールセンターの探し方

土日のみOKのコールセンターはこんなところ!クイック解説

更新日:

cegoh / Pixabay

土日休みのコールセンターはあっても、土日のみ出勤できるコールセンターというのは意外と数が限られています。

しかし全国的に副業が解禁になった今、土日に出勤できるコールセンターの需要は急増しています。

さらに高校生の優良バイト先としてもまだまだ根強い人気を誇っているのも事実です。

 

そこで今回は、5分でわかる土日募集のコールセンター解説をお届けします。

 

ちなみに先に結論を言うと、こういうことです。

その①:超高額時給は望めませんが、発信系テレアポの楽で簡単な仕事が多いです。
その②:雇用形態はアルバイト!
その③:高校生か、副業を探している社会人には圧倒的におすすめです。

≫関連記事:高校生でもコールセンターでバイトすることは可能なのか?本音で解説

≫関連記事:コールセンターのアルバイトを始めるときの疑問まとめ【必ず解決!】

 

Sponsored Link

土日のみの出勤可のコールセンターの仕事内容は?

kaboompics / Pixabay

土日のみの出勤可のコールセンターの仕事内容は、発信系コールセンターで、いわゆるテレアポの仕事が大半です。

テレアポとは?
テレアポとは、テレフォンアポインターの略称で、コールセンターにおける発信業務の一つです。
一般的な発信業とは異なり、商品やサービスの販売営業とは異なり、電話口で訪問や面会の約束を取り付けたりするのみです。
要は営業担当のアシスタントのような仕事と言っても良いでしょう。
自分が直接商品の紹介を積極的にするわけではないパターンが多いので、詳しい知識やトーク力は必要ありません。
用意された台本通りに読めば、確率論的に何本か引っ掛かるという仕組みになっているからです。

 

就業環境としては、在宅率の高い土日に徹底攻勢をかけたい、規模の大きなコールセンターが中心のため、繁華街のオフィスビルのフロアを借りている企業が中心です。

オフィスビルであるため、アメニティとして休憩室が準備され、中にはお菓子やコーヒーが用意されている企業もあります。

 

どうやって探せばいいのか?おすすめの雇用形態は?

kaboompics / Pixabay

雇用形態は、ほぼアルバイトのみと言って差し支えないでしょう。

というのも週二日のみの出勤だと、契約時間があまりに短すぎるために福利厚生を始め様々な面で、雇用主、労働者ともにほとんどメリットがないからです。

 

したがって、土日のみ出勤できるコールセンターを探す場合は、アルバイト紹介サイトで探すことが一番の近道です。

派遣サイトを探しても見つかる見込みは薄いです。

 

あるいは個別の企業のHPを覗いてみて、求人情報でアルバイト・パートの募集欄を確認するのもアリです。

探すのは骨が折れますが、紹介サイトよりも条件面の記載や業務内容がクリアに書かれています。

 

Sponsored Link

こんな人におすすめ!

Brida_staright / Pixabay

高校生、または副業を探している人にはおすすめの仕事です。

というのも、やはり電話の前に座って、自分のペースで電話を架けて台本を読むだけでお金が貰えるというのは、何はともあれとにかく楽です。

土日にしっかり働いても、翌日の月曜日に疲れを持ち越さないという点もポイントですし、土日のみ出勤できるコールセンターなら、たいてい土日のうちどちらか片方のみの出勤も可能です。

また同程度の条件の中では、時給も高い傾向にあるため、高校生からしたらちょっとしたお小遣い以上のものを稼ぎ出すことも決して難しくありません。

 

まとめ)高校生や副業を探している人なら、問答無用でコールセンターがおすすめ!

nastya_gepp / Pixabay

土日のみの出勤可のコールセンターは、近年再びスポットライトを集め始めています。

特に週当たりの稼働時間が短いからこそ、業務内容も簡単なので、ちょっとだけ働きたいけど、コスパが悪い働き方は避けたいという人には、絶対おすすめです。

-コールセンターの探し方

Copyright© コールセンターライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.