コールセンターの探し方

高校生でもコールセンターでバイトすることは可能なのか?本音で解説

更新日:

katerina1103990 / Pixabay

世間一般では、高校生が最初にするアルバイトは飲食店が中心ですが、果たして本当にそれが最適な選択でしょうか?

実は違います。

あまり知られていないことですが、高校生でもコールセンターで働くことはできるからです。

 

いわゆる誰でもできる中で、最も平均時給の高い仕事の一つが「コールセンター」です。

そして高校生が限られた若い時間を使って、小遣い稼ぎなり家族の生活費を稼ぎ出すために働くなら、なるべく時給の高い仕事に就くべきです。

 

そして正しい選び方さえ知ることができれば、あなたもコールセンターでバイトを始めることができるのです

未経験?
⇒関係ありません。

土日しか働けない?
⇒全く問題ありません。

長期休みの間だけ働きたい?
⇒OKです。
 

現代は情報社会の世の中です。

正しい情報を掴むことができれば、年齢に関わらず、あなたも豊かな生活を送ることが可能です。

今回は、5分であなたが正しいコールセンターバイトの選び方を身につけられる、そのノウハウをご紹介していきます。

≫関連記事:コールセンターの求人情報別にその特徴を徹底解説!この記載って、そういう意味だったの!?

 

Sponsored Link

損をしない高校生のバイト選びとは?

高校生がコールセンターでアルバイトをすることは可能です。

しかしどこでも高校生を歓迎しているわけではもちろんありません。

 

高校生が働きやすいコールセンターとは、以下の条件を満たしている求人です。

その①:発信系コールセンター
その②:土日のみの出勤OK

 

その①:発信系コールセンター

コールセンターには二つのタイプがあり、電話を架ける側と、電話を受ける側に分かれています。

そのうち発信系コールセンターとは、電話を架ける側ということです。

なぜ高校生が発信系を選択すべきかというと、商品知識が必要ないからです。

基本的には電話を架けては、与えらえた台本を読んでアポイントをどんどん取っていくだけの仕事なので、就業期間が長かろうが短かろうが、企業にとっては問題ではないのです。

そのため高校生が歓迎されやすい傾向にあるうえ、働いていて辛い思いをすることもありません

 

その②:土日のみの出勤OK

法律上、高校生は22時以降の就業をすることができないため、平日学校が終わってから出勤しても働ける時間はごく限られています。

平日2時間働きたいといっても、なかなかアルバイト先は見つかりません。

特にコールセンターではその傾向が強いです。

コールセンターのバイトを探すなら、平日ちょこっと働けるところより、土日にがっつり働ける勤務先の方が見つかりやすいでしょう。

≫関連記事:土日のみOKのコールセンターはこんなところ!クイック解説

 

発信系のコールセンターって、どんな仕事をやるの?

発信系のコールセンターでは、電話を架けて、用意されている台本を読むだけという業務が中心です。

もちろん電話を架けた後に履歴の残したり、といったようなことはありますが、基本的に雑務は全くないです。

高校生のアルバイトだと、デスクや床拭きなどの掃除をさせたり、書類整理を言い渡す職場も多々ありますが、コールセンターに限ってはそういった心配は要りません。

荷物運び等の重労働もないため、女性でも安心です。

 

仕事の難易度としても簡単、たまにある台本以外の質問は自分で資料を見て答えたりすることがある程度で、ほぼ台本を読むだけで完結します。

 

Sponsored Link

コールセンターでアルバイトをするメリットはこれ!

コールセンターで働にあたって、最も大きなメリットは時給の高さです。

高校生がアルバイトをする場合、ほとんど全ての企業が地域が定める最低時給で募集しますが、コールセンターの場合は違います。

もちろん、契約社員、派遣社員と比べると多少額は下がりますが、他業種のアルバイトと打比べると圧倒的に高時給になっています。

 

まとめ)アルバイト先は、高校生でも自分で調べて、自分で選ぶ時代!

大学生のバイトなら、就活に活かせるかどうかや、やりがい等も大切な要素ですが、高校生のアルバイトは時給が全てです。

調べずに飲食店で安働きさせられるのではなく、調べてコールセンターの高時給求人を選びましょう。

-コールセンターの探し方

Copyright© コールセンターライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.