今の職場が自分に合わない

アルバイトが続かない人にコールセンターをお勧めする7つの理由

更新日:

Alexas_Fotos / Pixabay

せっかく面白そうだと思って始めたバイトも気が付いたら、嫌でたまらなくなってすぐに辞めてしまうという方にはいくつかの特徴があります。

しかしながら、誰かに相談しても、「甘え」の一言で一刀両断されることも多く、なかなか言いにくい悩みの一つです。

しかしバイトが続かない人の続かない原因というのは、待遇や条件がほとんどです。

今回は、バイト生活に比べて、いかにコールセンター派遣が就業環境面で優れているかをご紹介していきます。

 

Sponsored Link

研修が豊富だから、現場でやることがないと困ることがない

受信のコールセンターでは、通常2週間から2ヶ月ほどの研修期間が設けられます。

マナー研修に始まり、商材知識の詰め込み、OJTでの実践練習まであります。

これらを経由することで、バイトを始めて数週間によくある、何をやっていいかわからなかったり、周りが忙しくしている中、自分一人で棒立ちしているという時間から解放されます。

現場に出て業務を始めた初日から、きちんと戦力の一員として仕事をしていくことができます。

また、バイトでは、先輩に教えてもらうまでやり方がよくわからない業務がたくさんありますが、コールセンターの場合にはそういったことはありません。研修では、一通り業務の流れやオペレーションのやり方を教えてくれます。また、万が一覚えきれなかった話が出てきたとしても、詳細なマニュアルが存在します。たいていWEBベースで実装されているため、調べれば自己解決できることがほとんどです。

コールセンターでは、数十人、数百人が同じデスクで一緒に働くため、業務に詳しくない人でも円滑に仕事ができるような環境が整えられているのです。

 

規模が大きいため、小さな人間関係で頭を抱えることがない

コールセンターには、非常に数多くのオペレーターが在籍しています。たいてい数十人、大きいところで数役人というところもあります。

だからこそ、職場であまり濃い人間関係を築きたくない人は、ほとんど同僚と話さずに仕事をすることが可能なのです。自分のブースに入って、一旦お客様対応を始めてしまえば、だれかと話す必要が全くないからです。自分の仕事にだけ集中できる環境が用意されています。

 

ただし、もちろん職場の人間関係を大事にしたいという人でも、休憩室や、仕事中でも電話が来ないときには隣の人と雑談をしたりすることはできます。人数規模が大きいため、職場恋愛が発生しやすいのもコールセンターの特徴です。

 

Sponsored Link

飲食店バイトとは比べものにならないほど、シフトに融通がきく

コールセンターの最も大きな特徴は、間違いなくその圧倒的な人数の多さです。

ファミレスのアルバイトが多くて十数名に比べ、大きいところではその10倍以上の人間が在籍しています。

そうなると、必然的に休みの回し方は楽になりますし、突発的に風邪を引いて休みたいという日も、罪悪感を感じなくても済むのです。100名以上の人間がいるなかで、自分一人が休んだところで、正直なところ大きな痛手にはなりえません。

仕事中心の生活ではなく、自分の心身を中心にした生活を送ることができます。

 

時給が高い!

コールセンターは時給が高いことを知っていましたか?

なぜなら、非常に数多くのオペレーター要員を用意し続けなければ、ビジネスモデルとして成立しないので、退職して別のバイトや派遣業務に付くことを防ぐ意味でも、地域の相場価格帯より高めに設定されているのです。

それも「少し高い」という程度ではなく、資格、学歴、年齢不問という業種の中では最高値を記録するような時給ばかりです。

 

長く働き続けたら、キャリアップも望める

派遣やバイトのオペレーターとして入社して、正社員になれる人数が多いのもコールセンターの長所の一つです。

アルバイト就業では、なかなかキャリアップの指標が明確ではなかったり、どれだけの実績をあげても、仕事内容がいつまで経っても変わらないということがありがちですが、コールセンターの場合、その心配はありません。あなたの実績に応じて、時給反映はしますし、安定して高い実績を推移させることができれば、キャリアップを希望することも可能です。

 

休憩時間が豊富

現在のところ、ほとんどのコールセンターではストレスの蓄積防止のために、一時間当たり5分の休憩制度を導入しています。これは、一時間ごとに休憩に行っても構いませんし、3時間に一度15分休憩を取っても構わないというようなルールであることが多いです。

そのため、8時間シフトで勤務していても、実質労働時間は7時間20分になるため、肉体的な疲労感が他業種に比べると非常に小さく感じるでしょう。もちろんお昼休憩は別にちゃんとあります。

 

また、人数が多いゆえに休憩室が充実しているのも嬉しいポイントです。

テレビがあったり、格安の自動販売機が置かれていたり、オフィスファミマやマッサージチェアが置かれています。

たくさんある休憩時間で疲れをとるためのアメニティ関連が充実しています。

コンビニのバックスペースで、背中を丸めながらお昼ご飯を食べるような生活は、ここでは一切存在しないのです。

 

有給取得率が非常に高いため、どうしても行きたくないときは普通に休める

これも人数が多い職場のメリットの一つです。

有給休暇の取りやすさというのは、ある程度職場規模との相関性を持っています。

たくさん人がいると、一人二人が休んでも、業務に支障が出ないため、病欠やじ有給休暇の取得に寛容になります。コールセンターもその典型の一つですね。

また業界柄、シフト制が多く、プライベートのスケジュール調整が難しいことからも、積極的に有給休暇を利用するよう推奨してさえいます。

 

バイトが続かないのはモチベーションの問題ではなく、就業環境の問題!

バイトが続かないことは「甘え」や「心の弱さ」というより、単に就業環境が劣悪である事例の方が多いと言っても過言ではありません。

いわゆる正社員就業とアルバイトでの離職率の違いは、どこにあるかというと、それは就業環境です。責任感や社会人としての常識云々というのは、あくまで後付けの理由に過ぎません。

アルバイト契約だろうがなんだろうが、気に入った就業環境であれば、人は長く働き続けます。そういった意味で、バイトが続かない人にはコールセンターがおすすめなのです。

およそ、資格が必要ではなく、学歴や年齢の関係ない求人の中では、コールセンターのオペレーター業務より時給設定の高い業態はありません。

 

まとめ)バイトが続かない本当の理由は、就業環境!

以上が「アルバイトが続かない人にコールセンターをお勧めする7つの理由」でしたが、いかがでしたでしょうか?

コールセンターというのは、働いたことのある人にしか、中の情報というのを詳しくは知りません。なぜなら、コンビニや飲食店の従業員とは異なり、日常生活で出会うことがないからです。

だからこそ、こんなに割の良い仕事なのに、その存在を知らない人がいるのです。

-今の職場が自分に合わない

Copyright© コールセンターライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.