今の職場が自分に合わない

飲食バイトを始めて早期に辞めたいなら、今これを読め!

更新日:

rawpixel / Pixabay

若い頃のバイトと言えば、「コンビニ」、「スーパー」、「飲食店」が圧倒的多数です。

しかしこれらの仕事、特に飲食店でのアルバイトは、直接お客様とコミュニケーションをする機会が多かったり、最初からたくさんのことを覚えなければならないため、非常に大変な仕事の一つでもあります。

今回は、これらの仕事を始めてまだ間もないものの、続ける自信がなくなった場合に、どうすればいいのかという、具体的な指針をご紹介していきます。

正直な話、飲食バイトをしている人のほとんどは、その仕事に興味があるからというより、他の仕事を知らないからという理由からだったりします。

まずは問題に対する解決策を知ることです!

 

Sponsored Link

まとまな研修がないため、料理の名前が覚えられない!

飲食バイトを初めて、まず最初に困るのが、「料理名」が覚えられないことです。

なぜなら、飲食店でアルバイト入社が決まった場合、研修時間というのは、実質数十分程度か、あるいは全くないことがほとんどです。多くの場合、研修期間という名の「ぶっつけ本番」があるのみです。

どんなに優秀な人間でも、元からよく知っているお店でもない限り、料理名をすぐに覚えるなんてことは不可能です。

「社会に出たら教科書が用意されるなんてことはない。自分でメモを取って努力するのみ!」というのが、店側の言い分ですが、果たして本当にそうでしょうか?

 

もちろんそんなことはありません。

あくまで研修期間が短すぎるというのは、店側における収益上の都合だからです。本当はきちんとした教育マニュアルを作り、指導専門の担当を置いた方がいいに決まっています。そうすれば、店頭スタッフのオペレーション習熟度向上だけでなく、離職率も下がることができるため、中長期的に見れば、価値のある投資になるのは間違いありません。

しかし実際にそんなことができる飲食店というのはほぼ存在しないと言って良いでしょう。

社員の労働時間が長過ぎてそこに回す労力もなければ、人でもないうえ、収益との安定している飲食店すらごくごく一部という時代だからです。

お店側は、その日安い時給で働いてくれるアルバイトが欲しいのみで、それ以上の計画をすることはめったにありません。

 

唯一の解決法は、要領よくやることに尽きます。

むしろ、きちんと時間を取って仕事を覚えること自体が面倒なので、やりながらなんとなく覚えていって、失敗したときは笑ってごまかせるくらいの気持ちでやるなら、飲食店での勤務ほど向いている仕事はないでしょう。

 

では、ほとんど職歴がない人間が、研修の充実した非正規雇用を探すことができるのかと言うと、結論としては、「できます」。

現在のシフト条件を変えないように派遣登録するだけです。

フリーターが同じ条件で給料の良い派遣社員にならない理由というのは、ほとんどの場合知らないからです。

もしあなたがそうなら、あまりにもったいないと言わざるを得ません。

この記事を最後まで読んだら、必ず、今日登録しましょう。

 

店長や他のスタッフの叱責が厳しすぎる!

飲食バイトを辞めたい理由はなんでしょうか?

最も大きいのは、

  • 仕事が教えてもらえるわけではないので、何が何だかわけが分からない
  • 店長や社員の態度が辛辣過ぎる

の二点です。

一つ目については、研修制度を設けられないという、飲食店のビジネスモデルとしての弱点でもあるとお伝えしました。

 

さて、飲食店の店長なり社員は、しばしば非常に厳しい態度を取ります。

例としてよくネットで話題に上がるのが「退職意志を伝えたら、暴言を吐かれた」や、「ミスをするたびに、クビにすると脅される」、「シフトに入ることを強制される」といったものです。

なぜこういった酷いことが起こるのかと言って、若い人間が社会の常識をまだ十分に知らないからということがあります。

本来、こういった言動があれば、その時点で大問題です。その場で帰っても、勝手に辞めても文句を言われる筋合いなんてありません。そればかりか、うつ病申告の休職手当を出すように迫ることだってやってできなくはありません。

しかし、若い人間というのはそこまで知識も経験もないため、十分に言い返すことができません。だからこそ、慢性的に若いアルバイトスタッフ接していると、ついエスカレートしていって、気が付いたときには倫理上許されないような発言をしてしまう社員が生まれてしまうのです。

 

もちろん中には、まともな店長や社員もいますし、全員が最初からそうだったわけでもありません。

しかしながら、あまりに長い間に渡って毎日長時間労働をしていると、自己をかえりみたり、発言に気を付けたりするための判断力が著しく低下していってしまうのです。

何度も言いますが、全ての飲食店に、ひどい店長がいるわけではありません。あくまで労働環境が作り出すものです。

 

だからこそ、もしあなたがいま現在、そういった恐れのある飲食店で働いているなら、健全な労働環境を用意している職場に転職することを検討すべきです。

実は、職場環境といのは、自分自身の給与や福利厚生などの条件面だけではなく、上司となる人間の労働環境がある程度保証されていなければ意味がない場合があります。

なぜなら、自分だけ辛い思いをして、バイトの人間には至れり尽くせりの労働条件を担保する人間など世の中にはいないからです。

社員がサビ残をする職場は、バイトの人間にもサビ残を要求します。

休憩を取る頻度なども、まさにそうです。

良いか悪いかは別として、社員が頻繁に昼休み意外の休憩を取る職場は、バイトの人間が仕事中に休憩を取ることにも寛容です。

また、もしいまあなたがどうしてもバイト先の辞め方で迷っているなら、『バイトをすぐに辞めたいなら「しばらく休ませて下さい」が最強説!』で賢い退職方法を解説しているため、そちらを参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

そもそも、よく考えたら飲食店で働きたい理由は何もない

飲食バイトを辞めたいと考えている人から、現在の職場を選んだ理由を聞いたら、たいてい特別な思い入れや計画性というのは存在していません。

あくまで、何かしらアルバイトを始めなくてはならず、たまたま面接に受かったのがいまの職場だったと言うのです。もちろんこだわりの職場や仕事を見つけられるなら、それに越したことはありません。

しかしいったい世の中で、どれほどの人が、すぐにお金になって職に困らないようなスキルや資格を持っているというのでしょうか?

もちろんそんものはなくったって、いまより給料も環境も良い仕事に転職することはできます。

しかし面接対策をしなければならなかったりするような、大変な思いをするのは、正直食指が動かないというのも人情ですよね。わかります。

 

アルバイトで良い給料、職場環境を探すのは、費用対効果(コスパ)が悪いということなのです。

転職で最も大変なのは、求人誌を捲って、面接の予約をして、履歴書を書いて、志望動機を考えて……という地味な作業です。

 

つまり、こういった面倒な作業は他人に任せてしまえばいいのです。

派遣雇用なら、それができます。

あなたに合った仕事を探すのも、時給相場と見合わせて不利なところを選ばないように考えるのも、全て肩代わりしてくれます。

そしてそのうえ、派遣社員というのは、アルバイト雇用の平均時給より給与水準が高いのです。正直言って、知らなかったという理由だけでいままでアルバイトを続けていたなら、もったいなさ過ぎます。信じられないかもしれませんが、面接が存在しない会社もたくさん存在しています。その代表例の一つがコールセンターです。

派遣社員を選び、いまと同じシフト条件、いまより高い時給、いまより良い就業環境の仕事を探すべきです。

派遣社員での働き方は、『派遣就業するか迷っている方に!コールセンターで働く魅力6選!』で確認することができます。

 

まとめ)アルバイト就業は搾取されているという意識を持つべき

以上が「飲食バイトを始めて早期に辞めたいなら、今これを読め!」でしたが、いかがでしたでしょうか?

アルバイトが多いというのは、特殊な例外を別とすれば、一般的には会社の経営体力が少ないということを示しています。

では、アルバイトにやってもらう仕事がたくさんある会社は、どうしているのかというと、派遣社員を雇っています。

現在の社会においては、派遣雇用の存在をいち早く知り、アルバイト就業から抜け出せるかどうかというのが、生き抜く上での非常に大きなターニングポイントとなっていると言っても過言ではありません。

 

ちなみに、派遣雇用が良いのはわかってるけど、そんな流暢なことは言ってられなくて、三日以内に働き始めないと金がない!

そういった場合には短期・単発バイトなら『ギガバイト』がオススメ。
最短でのバイト採用率は業界最高水準、さらに最大15万円までもらえる祝い金制度が正直言っておいしすぎます!

-今の職場が自分に合わない

Copyright© コールセンターライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.